So-net無料ブログ作成
検索選択

ラゲージルームのキッキングプレートの取付 [X-TRAIL]

1ヶ月半ぶりのX-TRAILネタです^^;今回の記事ですがほぼ1ヶ月前に行った内容で
時間が経っての記事になってしまい申し訳ありませんm(_ _)m

・今回購入した物は
純正のオプションパーツもあるのですが純正は何せ高い、大陸製?でしょうが、安く
手に入ったので購入しました。
で、純正オプションだと凸凹の部分しかカバーしていないんですよね
GCWV0.jpg
今回購入した物はフルにカバーするタイプとなっています。
DSC09560.JPG
純正オプションだと取付費込みで16,997円ですが、今回2度目の「侍プロデュース」
さんでの購入で5,480円でした。

  早速、取付開始してみます・・・・

・こんな感じ
単に置いた状態です。単純に貼付るだけでは無く、ウェーザーストリップも処理する
必要があるようです。(一切の取説無し、さすが大陸製?)
DSC09567.JPG

・両面テープを貼り増す
購入時の状態だとイマイチ接着に不安があるので両面テープを追加で貼り増ししました。
ここまでガッチリやっておけば外れる事は無いでしょう^^;
DSC09561.JPG

・ウェーザーストリップを剥がす
グイッと引っ張れば外れるのでプレートの幅分を剥がしました。
DSC09568.JPG
ウェーザーストリップを剥がした後、再度プレートの位置合わせを行って収まり
具合を確認しました。この確認は忘れずに^^;

  マスキングして添付の助粘剤(プライマー)を塗って、貼付準備完了です。

・剥離紙を剥がし位置合わせした位置に貼付
手前に寄せる感じで貼付位置を合わせ密着させます。貼付たら保護用のブルーの
シートを取り去ります。
DSC09569.JPG

・ウェーザーストリップを戻して作業完了
取外したウェーザーストリップを戻して作業完了です。良い感じですかね^^;
DSC09574.JPG

  作業時間は実質15分ですが、何せ寒い日に行ったものですから
  作業は辛かった。
  指はかじかみ剥離紙は思うように剥がれないと言った事も
  ありましたが良い感じに出来たかなと・・・

暖かくなってきましたから、車イジリもやり易くなってきました。GWあたりには
大規模な作業をやりたいと企んでいる自分です。

では。

nice!(57)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

「CAR and DRIVER」の電話取材を受けました [X-TRAIL]

342_p.jpg続けてみるものですね^^;このblogにX-TRAILの
事を昨年から書き始めましたが、自動車雑誌の
ダイアモンド社から出版されている
「CAR and DRIVER」の編集部の方から電話取材
を受けました。

・コメントに取材申し込みの書き込みが
お気付きの方は少ないかと思いますが、このblog
のコメント欄に取材申し込みの書き込みがあった
んです(確認後直ぐに消してしまいました)^^;
このコメントを受け連絡を取り合い、取材となる
のですが、本当に「CAR and DRIVER」の編集の
方からの依頼なのか確証をとるためコメント上の
メールアドレスやURLなどから連絡を取って良い
かを確認してからのメールでの返事は言うまでも
ありません、引っ掛けでの変な勧誘等がありますからね。

・かなり記事を読んで頂いた様子
編集部側でも、そこは人選されているのでしょうね、熱心な車好き?な方に対して
取材を申し入れするのでしょうが、現在は色々なSNSを利用しての情報発信を行って
いる方も多いので、そういうところから対象者を絞るのでしょうね、みんカラにも記事は
上げていましたし(^^ゞ

・25年ぶりの取材
実は25年前にも取材を受けていた事があるんです。その時乗っていた車がU13ブルー
バード、あの当時は辛口な評価で答えた記憶があります^^;
で、今回は2回目の取材を受ける事になった訳です。
先方は自分のblogは既に読んで頂いて居るので細々した話は抜き、単刀直入に質問が
あり、それを答えると言ったスタイルで取材を受けました。
今回のX-TRAILへの評価は良い評価を付けましたよ^^;
取材ですが、20分ほどの会話で終了しました。

  自分の記事は、3/26発売の5月号に掲載されるとの事ですので
  読んでみて下さいネ「ユーザーの不満と満足」のコーナーに
  掲載されるようです。

では。

nice!(79)  コメント(29) 
共通テーマ:日記・雑感

リアリフレクターガーニッシュの取付 [X-TRAIL]

今回は外装の装飾パネルを追加することにしました。とは言えゴテゴテの装飾は
どうかと思うのでアッサリとアクセントをちょっと付けるだけのレベルです^^;

・リアが寂しいんだよな・・・・
フロントはグリルやフォグ周りのデザイン等でアクセントがあるのですが、リアって
至ってシンプル、コンビネーションランプのデザインとエンブレムだけですからね。
(モード・プレミアは唯一のデュアルエキゾーストマフラーにはなっていますが)
DSC09351.jpg

・これ付けよっと
ネットショッピングサイトを物色していたら、これを見つけました。
「うむむ。これ買っても良いが着くのかな?自分は特別仕様車のモード・プレミア」と
一抹の不安を抱えながらポチッと^^;
物が届いて、まずは取付け可能か真っ先に確認。装着先部分はノーマルの車と同じの
ようで取付可能である事が判りました(ホッ^^;)
で、写真では「なんじゃこりゃ、何処に着くの?」って感じですよね・・・
DSC09348.jpg
買ったのはリアの赤いリフレクターの周りのガーニッシュ(装飾パネル)です。

・取付前に両面テープの貼り増し
購入時は下の物のように外側にしかテープがありません、ちょっとこれでは接着不足
起こすかなと言う事で、上の物のように内側部分にもテープを貼り増ししました。
上のテープを貼り増しした方の端っこって、赤い剥離テープが右側に飛び出しています
これは貼付作業のためにワザとテープ代を残しています。
DSC09349.JPG

・こんな感じです
外周の剥離テープは全て剥がしますが追加した分は先ほどの端っこのテープを内側から
飛び出すようにしながら剥がさずに取付けます。取付けたら端のテープを引っ張って
剥がしていき、圧着させれば取付完了です。
DSC09355.JPG

・白にメッキシルバーだから目立たないかな^^;
これが黒だったらアクセントが思いっきり着くのでしょうが、まあ、冒頭のように
控えめにと言う事で、こんな感じですね。ちょっと見は何処が変わっているのかが
判らない感じもしますが・・・・良しとします(^^ゞ
DSC09353.jpg

  なんとなく、装飾パネル系の追加がまだ続きそうな感じです^^;
  大物は3月ぐらいに暖かくなってからにしますかね・・・

では。

nice!(70)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

パワーウインドウスイッチ メタルカバー&リング ベゼル [X-TRAIL]

大物は暖かくなった頃にやろうかと思いますが、小物の車イジリはチョコチョコと
やっていきますので、宜しくお願いします。
さて、昨年年末にポチッとしたものが年明けに入荷したので取付てみました。

・購入したものは、これ
写真の通り、パワーウィンドウ スイッチの角の部分の装飾カバーとドアミラーの角度
調整用スイッチの周りの飾りリングです。
これ、〇マゾンでポチッとしたのですが、荷元は何とシンガポール!!
DSC09320.JPG

・う~ん、運転席側は取付きがイマイチだな・・・
早速取り付けたので写真を撮ろうかと思ったのですが、接着具合がイマイチでスイッチ
操作をすると付けたカバーが微妙にグラグラ~
まあ作業環境温度が低いというのもありますが、運転席側のカバーの接着面積は他の
席の物より小さいのと、固定用の両面テープが綺麗な取付じゃ無かった(シッカリ固定
出来る感じじゃ無い)ので、接着が甘く剥がれるまで至らないものの、シッカリと接着が
出来て居なかったんですよね・・・・
てな訳で一旦取外して手持ちのテープを貼り直す事にしました^^;
使ったのはエーモンのこのテープです。
DSC09333.JPG
カバーに対して大きめに貼付けパーツのエッジに合わせてカッターでこそげ取る感じで
カットし、裏面全体に貼付ました。

・こんな感じに付きました
比較の写真にしてみました^^;購入時に商品説明に「左ハンドル用」となっていましたが
問題なく右ハンドル車にも取付る事が出来ます
ので、この部分は心配しなくても良いよう
です。
取付直す際にはシッカリ接着したかったのでアルコールで脱脂してから行いました。
DSC09322.JPG
丸いミラーの操作スイッチの周りとパワーウィンドウのスイッチの角部分がメタルになり
アクセントが付いたかと思います。
また、他の扉のスイッチもこんな感じです(3ヶ所とも同じなので写真は1つです)
DSC09323.JPGDSC09342.JPG
こっちの写真は判りづらいかな・・・角のところがメタルっぽく光ってるでしょ^^;

  内装イジリも今回で終わりになるか?これ以上やるとクドくなるので
  ここら辺が潮時ですかね。外装や内部改造はまだやりたいところがあり
  部材も調達中です。
  まだまだ車イジリは続きます。

では。

nice!(65)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

まだ残っていました^^; [X-TRAIL]

白熱電球のLED化は前回の作業で終わったと思ったのですが、先日運転していて陽が
眩しいのでバイザーを下げるとそこにはバニティーミラーがあり、カバーを開けたら
そこに電球!!「あちゃ~」まだ残っていました^^;

・こんなところに
滅多に使わないバイザーだしバニティーミラーって使うのカミさんだけ(カミさんも
使わないか、今更^^;)夜の暗い時用にライトが付いているんですね、このミラー。
DSC09282.jpg

・早速購入と行きたいのですが特殊な形
見ての通りヒューズみたいな形(外形寸法はヒューズと同じ)をしています。〇ート
バックスなどでは手に入らないタイプの電球ですね。
右の写真の通り、中にフィラメントが入っているのが判ります。
DSC09299.JPGDSC09300.JPG

・さすが、ネットショップありました
色々と調べてみると型式が判ってきました、T6.3x30と言うタイプのようです。
型式さえ判ってしまえば後はその型番で検索するのみ、〇マゾンで安い物を見つけました
何と2個で税、送料込みで980円!!!
DSC09205.jpgDSC09284.JPG

・レンズパネルの取外
パネル剥がしで慎重にレンズパネルを取外していきます(最初のランプの写真はどうした
のかなんて突っ込まないでね、確かにこの項を書く前に外しています^^;)見ての通り
レンズパネルには写真の赤丸の位置にフックがありますから、これを外せば取外せます。
DSC09289.JPG

・交換は良いのだが・・・
電球に極性があるので点灯しなかったら逆に入れます、ここまでは簡単に作業完了。
で、なんとレンズパネルを取付けようとしたら、LED電球と干渉!!!パネルが
取付られません、この記事見て交換をされる方はLEDの基板部分が両端の金具の径より
小さい物
を購入してください。
今更、購入し直すのもアレだしパネル改造で対処しました、写真の赤線部分をニッパで
カットしました(^^ゞ
DSC09294.jpg

・作業完了
レンズパネルも収まり、こんな感じに。やけに暗く写っている写真ですが、余りにも
LEDの光が強くカメラが自動的に露出を絞ったため周りが暗くなってます^^;
ここまで眩しいとは・・・・
追ってLEDチップを被ってしまい光量を調整したいと思います。
DSC09297.jpg

  これで本当に電球交換は最後です^^;この交換を機に車内を隈無く
  見てみましたが、もう白色光としての電球はありませんでした(^^ゞ
  ので、電球交換もこれで終わりです。
  まだ車イジリは続きますよ!!!次は何処をイジルかな^^;

では。

nice!(66)  コメント(17) 
共通テーマ:日記・雑感

ランプ交換 ラゲージルームランプ [X-TRAIL]

白熱電球のランプは全て交換が終わったかと思ったら、ここだけ残っていました^^;
ここのランプもLEDに交換する事に。

・マイナスドライバーでランプ本体を外す
写真のように上側の角にマイナスドライバ(小さめ)を使ってランプ本体を取外します。
DSC08779.JPG

・コネクタを外す
ランプに継がっているコネクタを外します、矢印の先の所の抜け防止のフックを押さえ
ながらコネクタを引き抜きます。
DSC08781.JPG

・グレーのカバーを外す
前後左右4つの固定の爪があるので、それを外しながらカバーを取外します。
DSC08777.JPG

・ランプの交換
元のランプはT8 x 28タイプですが、なんとかT10 x 31のランプを付ける事が出来ます
自分は前車から外した^^;T10 x 31のLED電球を取付けました。
なお、発光面はレンズ側ですから、お間違えなく(^^ゞそして意外にも元の電球は
先ほどまで点灯していましたから熱いのでヤケドしないように注意して下さい。
DSC08778.JPG

・極性チェック
取付後まずは確認。製品によっては極性がある物もありますから、グレーのカバーを
付ける前に点灯確認を行いました。

  点灯確認したら、逆手順で組立てて作業完了です。

こんな感じです、やはり電球色から白に替わったのが良いです(^^ゞ
DSC08783.JPG
写真だとよく判らないと思いますが、結構明るいです。

では。

nice!(78)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

貼付パネルでの車内装飾 [X-TRAIL]

一通りのオプションを前回のエンブレム取付で終了しましたが、車イジリはまだ終わり
ではありません^^;車内の内装を、もう少し良くしたいなと言う事で、あっちこっちの
ネットショップ等で購入した装飾パネルで内装の見栄えを改善しました。

・買ったパーツ
 1.木目調パワーウィンドゥSWパネル(12,960円)
   セカンドステージ - Second Stage - http://www.stage2.co.jp/
 DSC08926.JPG
 2.ドアスピーカーのリングガーニッシュ(3,580円)
   侍プロデュースYahoo!店  http://store.shopping.yahoo.co.jp/thepriz/
 DSC08929.JPG
 3.ドリンクホルダーカバー(3,480円)(ヤフオクで落札)
 DSC08932.JPG
 4.後席用エアコン用ベゼル ガーニッシュ(2,000円)(同上)
 DSC08957.JPG

・プライマー塗布作業前の養生(マスキング)作業
SWパネルとスピーカーリングは、シッカリ取付る必要があるためプライマーで
下地処理を行います。とは言えプライマー処理をすると、表面が変質しますので
関係ないところまでプライマーが付かないようにマスキングテープで養生を行い
ました。スピーカー部分はかなり手間でしたが^^;
DSC08946.JPG

・両面テープの位置を確認しながらプライマー処理
プライマーとマスキングテープは購入したパネルに付属していました。なので
別に購入と言う事ではありません。2つのパーツは別の店からの購入ですが
シッカリしたお店なので、こう言った部分のケアも万全でした。

・リングガーニッシュの位置出し
このリング、ちょっと歪んでいます。ドアパネルも平面では無く、カーブしている
部分があるため、その曲面に沿わす形でリングが作られているのでシックリと納まる
位置を探す必要があります。
裏の剥離紙を剥がしてからだと行いずらいので、貼付作業前に行っておきました。
写真の通り位置合わせのマーキングをしたので貼付時はマークを合わせれば位置が
合います。
DSC08948.JPG

・後は貼付るだけで取付完成
いつもの事ですが、裏面の両面テープは全て剥がさずに位置出ししてから、剥がした
剥離紙を引抜いてから密着させて取付ます。(白く見えるのは明るいところの映り込み
ね(^^ゞ)
DSC08947.JPG

・取付完了
木目パネルとリングガーニッシュは、すごく良い感じです。さすがにシッカリとした
お店の製品なので品質も良かったです。特にSWパネルは国内製で出来の良さが
違います。少々高いように見えますが純正パーツで、この手のパネルは倍以上の
価格します(前車エルグランドの経験上)。オクションでのパーツはC国製なのかな
バリがあったり、気持ちフィットしなかったりと、ちょっと質は落ちるものの、まあ
なんとか形にはなったでしょうか。
DSC09176.jpg
DSC09178.jpg
DSC09174.JPG

  そろそろネタ切れかって?もうちょっと新車購入後の車イジリは
  続きます。とは言え、大体終わったかな・・・・
  まだ手が付けられない一番面倒な機器の取付が残っていますが
  家の事情で暫くは作業が出来そうも無いので、忘れた頃に記事を
  上げる事になるかな^^;
  車イジリの記事、もうちょっとお付き合い下さいm(_ _)m

では。

nice!(78)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

オプション取付7 エンブレムの取付 [X-TRAIL]

今回は軽い作業です^^;自分が購入したX-TRAILは特別仕様車のモード・プレミアで
唯一ネーミング エンブレムがオプションとしてあります。プラスティックバイザーも
ネーム付きの物もあるものの購入はしませんでましたが、バックドアに取付ける
エンブレムは欲しいアイテムでしたので購入しました。

・パーツ
エンブレムなので、エンブレムがシートに付いているだけです。
パーツ型番は99039-8A36A(オプションカタログではGCQ90)となります。
DSC08737.JPG

  では、早速貼付作業をしてみます。

・貼付場所の確認と位置出し
エンブレムの台紙自体が位置出しの型紙になっていて「AUTECH」のエンブレムの
左上基準で位置を合わせれば良いので位置出しはやり易いのですが、一応どんな感じに
付くのかを確認するためと、貼付面の部分は脱脂をするために脱脂する部分を確認する
ためにも貼付る前に確認を行いました。
(判りずらいかも知れませんが、裏の剥離紙はまだ付いています)
DSC08738.jpg

・剥離紙を剥がし貼付る
アルコールで脱脂した後に裏側の剥離紙を剥がし、先ほどの位置出し確認した貼付位置
に上紙ごと宛がいながら貼付けます。貼付た後は写真の通り、スクレーパーをウエスで
包みエンブレムを押さえつけて密着させます。
DSC08740.JPG

・貼付完了
上側の剥離紙を注意しながら剥がします(”i”の上側の点などが剥がれないように)。
こんな感じに出来ました、「AUTECH」のエンブレムと同じ厚みやデザインなので
一体感がありますね。
DSC07202.jpg

  事の次いで、無線機やアンテナも取付けましたのでコールサインの
  エンブレムも貼付る事にしました。

・購入したエンブレム
〇マゾンで購入しました。東洋マーク製作所のMETAL SOLIDエンブレムです。コール
サインの6文字分を購入しました。
DSC08744.jpg

・文字ピッチを揃えて貼付
文字の傾き及び文字と文字の間隔を注意しながら一文字ずつ貼付けていき、こんな感じで
貼付る事が出来ました。
DSC07205.jpgDSC07207.jpg
文字単体では、ある程度の大きさがあるかと思っていましたが、ちょっと小さめだった
かな。他も探したものの見つかったのが、これのみだったので良しとしましょう^^;

  最近はコールサインを表示している車が大分少なくなりましたが
  自分は付け続けています。
  コールサイン見かけたらコール下さいネ、お待ちしています。
  あ、モード・プレミアのエンブレムですが、販売価格は取付工賃
  含まず税込み5,500円です(^^ゞ

では。

nice!(76)  コメント(29) 
共通テーマ:日記・雑感

アマチュア無線機の取付 [X-TRAIL]

今回はアマチュア無線機とアンテナの取付です。今回この取付は一筋縄ではいかなそう
です^^;

・最近の車はアンテナが付かない
一番の問題がリッドの縁にアンテナの基台を取付る事が出来ないんです。デザインの
ためなのか剛性を持たすためなのか判りませんが、リッドに1cm弱のリブが立っていて
基台を付ける事が出来ません。
DSC08736.JPG

・トランクリッド用の基台は諦めよう
やはりどう考えても挟み込みタイプの基台を使うのは無理なようです。当初は先の写真
の基台を使おうとしましたが諦めました^^;
やむなく貼付タイプの基台を使う事に・・・・でも、この基台は重いアンテナは取付け
られない。粘着テープでの貼付けなので耐荷重が小さいんですよね、なのでアンテナも
新しい軽い(小さい)物に交換する事になっちゃいました。

・新たな基台とアンテナ
昔から使い続けているダイヤモンドアンテナの製品で基台がHRK、アンテナがSG-M507
と言う製品です。
DSC08869.JPG

・基台の取付
リアの窓の端に基台を取付ます、取付場所ですがガラスの撥水のため〇ラコを塗って
いたのでアルコールで除去、そして基台がフィットするように貼付部を若干曲げて
ガラス面に密着させました。
DSC08879.JPG

  さてここからが問題、どうやって車内にケーブルを入れ込もうか
  この問題について散々悩んで検討した結果が以下の方法で通線出来
  ました。

・まずはバックドアのヒンジ近くまで配線
基台にアンテナのコネクタを取付て上側に同軸を這わせていきます。最近の同軸は車内に
引き込む部分は直径3mm程しか無いので扱いは楽です。写真の感じで配線止めを使い
同軸を固定しました。で、この部分は水がかかりやすい部分でも有り、鉄製の配線止め
だと錆びてしまうので樹脂製の物を使用、ついでに目立たないようにアイボリーぽい色で
塗装しました^^;また上部はインシュロックで固定しています。
DSC08961.JPG

・ハーネスグロメットにケーブルを貫通させる
バックドアのハーネスは写真のハーネスグロメットを通り、車内から来ていますから
そのルートを使って通すのが目立たなく同軸を引き込む事が出来ます。でも簡単じゃ
無い!!
執った方法はバックドア側のゴム製のハーネスグロメットの端からケーブルを通す事に。
そのためにグロメットの端に穴を開けて(ゴムなのでなかなか空かない^^;)からケーブル
を挟み込めるように脇に切込みを入れ、パネル側もケーブルの逃げ用に削り出してパネル
内にケーブルを引き込みました。
DSC08964.JPGDSC08884.JPG

・グロメット内にケーブルを通して車内に
ちょっとパネル内でゆとりを待たし(キンク(折り曲げるようなきつい曲げ)させると良く
ないので)グロメットの内部にケーブルを通し、矢印の感じで車内に入れ込みます。
ここまで来れば後は何とかなりそうです、シャークフィンアンテナの取付の経験より
天井の内張を剥がしケーブルを引き込んで車内の側面にケーブルを流します。
DSC08965.JPG

・トランクルーム脇にケーブルを
メッセンジャーワイヤーを使い、工具入れのポケットまでケーブルを引き込みました。
DSC08886.JPG

・ラゲージルームの端まで布設完了
ここまで来れば、もう少しです。ここからは通常の太さの同軸で延長(丸囲みの部分)して
無線機の位置までケーブルを這わせます。這わせるルートは先日のキッキングプレートと
同じルートです。
DSC08888.JPG

  一番の難関の同軸ケーブルの敷設も完了、次はコントロールユニットの
  取付です。

・コントローラーの取付
最近の(?)無線機って本体とコントローラーが分離出来るタイプなので、邪魔な
本体を別の場所に置いて、コントローラーだけは手元に設置する事が出来ます。
と、言う訳でコントローラーは強力両面テープで、この場所に貼付しました。
DSC09018.jpg
本体と接続するケーブルがありますが、これもETCやキッキングプレートで使った
ルートで本体設置位置まで布設しました。

・マイクケーブルの延長
コントローラが分離出来るようになっているので、マイクケーブルも延長出来るように
なっています。マイクコネクタ(赤の丸囲み)を運転席の足下に取付けて延長ケーブルは
またまたカーペット裏に回し込んで本体の位置まで布設しました。
DSC09028.JPG

・残すは電源
ちょっと荒技を使いました、何とセンターコンソールをバラして、電源ソケットに行く
配線から電源を横取りをすると言った方法で、無線機の電源を確保しました。
コンソールをバラシ、エレクトロタップで分岐します。短いコンソール内部のケーブル
先にはギボシ端子を付けてあります。
電源ケーブルも作り直しました、元々は赤黒の配線なのですが、車内で赤の線が目立つ
ので黒のコードに継ぎ替えています。DSC08921.JPG
このコードをセンターコンソールの床の際の隙間から入れ込んで、先ほどのギボシ端子と
接続して電源工事は完了です。
DSC08923.JPG

・本体の設置
上手い具合に運転席の下に丁度良い凹みが有り、そこに無線機本体を入れ込んじゃい
ました(赤囲みのシートのスライドレール下)ここに入れ込むためには、あっちこっちを
バラさないと入らないところにありますから盗難防止にもなるかな^^;
DSC08925.JPG

・アンテナの取付角度を調整
アンテナの取付角度を調整して作業完了です。
DSC08896.jpg

・電源投入
コントローラーにも火が入り、オペレート可能な状態になっています。この位置なら
楽に操作出来そうです。
DSC09027.JPG

  難産でしたが無線機が付いて、やっと自分の車らしくなりました。
  最近は交信する事が少なくなったとは言え、運転中は無線機の電源が
  入っていて、いつでもQRV(運用)出来る状態になっています。

さて、次は何処をやるか・・・・まだまだ細かいところを、イジってますから
もうちょっと、この手の記事が続きます^^;

では。

nice!(81)  コメント(36) 
共通テーマ:日記・雑感

オプション取付6 キッキングプレートの取付 [X-TRAIL]

今回はキッキングプレートの取付です。まあ普通に考えれば要らないっちゃ言えば
そうなんですが、ウチの年寄りが後部座席に乗る時に足をかける場所が無いので
付けた次第です。

・パーツ一式
今回はパーツの量多いですよ、こんなにあります。黒く纏まっているのがハーネスで
ドアの足下に布設します。
パーツ型番はG6950-4BA0A(オプションカタログではGCUP0)となります。
DSC08815.JPG

  今回の作業は、かなり内張等を剥がしたりハーネスを引き回したりの
  大がかりな作業になりそうです。
  では、作業開始!!!

・助手席側のフロントピラーガーニッシュを外す
今回は助手席側を外します。作業方法はETCと同じですが一応改めて順序だけ載せて
おきますね。(画像はETCの記事を参考にして下さい)
 1.ウェーザーストリップを剥がす。
 2.フロントピラーガーニッシュをクリップから浮かす。
 3.脱落防止の銀杏の葉っぱみたいのをラジペンで外す。
 4.ガーニッシュを引き抜く。
なお、セキュリティシステムを取り付けている場合ガーニッシュの下の方に穴があり
セキュリティシステムのインジケーターの配線がその穴を通っています。
完全脱着は出来ないので、配線を上手く避けるようにダッシュボードにガーニッシュを
逃がして下さい。

・グローブボックスの取外し
グローブボックスを開いたら右脇のステーを右に引っ張る感じで取外します。
DSC08936.JPG
外したらグローブボックスを斜め上に持ち上げる感じで引き抜けば取出せますがグローブ
ボックスの中は空にしておきましょう^^;入っていると作業やりずらいです。
この作業はフューズボックスにアクセスするためにも行う作業です。

・ハーネスを通す
フロントピラーの付け根部分からメジャーを突っ込んでグローブボックス脇に出します
出て来たメジャーの先にフューズが付いた方のハーネスの先をテープで外れないように
シッカリ止めます。
DSC08822.JPG
止めた後メジャーを引き上げてハーネスをフロントピラーまで持っていきます。

・エレクトロタップでの結線
フロントピラーにある2つのコネクターから、付属のエレクトロタップでルームランプ
配線から分岐して電源を取ります。
ピラー内側にある2個のコネクタにエレクトロタップを挟み込むのですが、配線を纏めて
いる黒いチューブがコネクタ近くまで来ているので、配線を傷つけないように注意し
ながらチューブの先を1cmカットすると作業がやり易いです。
各コネクタの以下の配線にエレクトロタップを挟み込みます。
 ・8Pコネクタ:上段の右から2番目の紫色線 → 追加するハーネスの赤線
 DSC08823.JPG
 ・24Pコネクタ:下段の左から6番目の空色線 → 追加するハーネスの白線
  (写真は上下逆さになっています、フックがある方を上としています)
 DSC08824.JPG
こんな感じに取り付けられますが、エレクトロタップをカシメる際にはコネクタに遠い
方からキッキングプレートの配線を挟み込むように方向を注意するのと、他の線を潰さ
ないようにして作業して下さい。
DSC08825.JPG

・通電確認
コネクターを元に戻し、この段階でドアスイッチを一度押して再度離し(他3つのドアは
閉まっている状態)、キッキングプレート用のハーネスの先のコネクタに電圧が来ている
事を確認します。
DSC08868.JPG
また押しっぱなし(要はドアが閉まった状態)の時は暫くして電圧が止まる事を確認します
これをやっておけば、結線ミスはこの段階で判ります。
DSC08827.JPG

・他の配線と纏め、ピラー周りを復旧
ここまででランプの配線の継ぎ込みがOKとなったので整線作業に移ります。他の配線と
一緒にインシュロックで固定してます。ガーニッシュを付ける前にエレクトロタップには
付属のクッションテープを巻いておきます。
DSC08826.JPG
ガーニッシュやウェザーストリップを復旧して。この部分の作業は完了です。

DSC08938.JPG・助手席足下の配線処理
メインの整線及びハーネスの布設作業の
最初は助手席足下の位置の処理です。
ここを起点に両サイドのハーネスが
延びていきますから、シッカリと整線して
いきます。
まずは足下のカバー取外し、番号の順番で
外していきます。
①はウェザーストリップ際の端から持ち
上げ、カーペット際も内側に引き離すよう
にすれば外れます。
②は、次の写真の樹脂ナットを指で回して
取外た後に引っ張れば外れます。
(発煙筒は外しておいた方が良いです)
DSC08939.JPG
写真の矢印あたりにハーネスの分岐を持ってきて、助手席側、運転席側に振分けます
この位置に決まったら他のハーネスと共締めして固定します。
分岐したハーネスの長い方が運転席側で、短い方が助手席側です。
(写真は綺麗に見えますが、実際は延びるハーネスでグチャグチャです。見栄え良く
 撮るために整線しています^^;)
DSC08945.JPG

・助手席側のハーネスを布設する
床の際にある整線リング(要領書ではハーネスプロテクター)に通して、まずはセンター
ピラー近くまで配線します。リング自体はマイナスドライバーでこじれば開きますから
端から通す必要はありません。
DSC08833.JPG
問題は後部ドアまでの通線です。センターピラーのカバーを外して配線を通すのですが
ここも素直には通りません^^;
まずは後部ドアの床カバーを外しますが、後部座席の下までカバーが潜り込んでいるので
座席下部をめくり上げ2個のクリップで留まっていますがカバーを持ち上げる事で外れ
ます。
DSC08954.JPG
センターピラーカバーの下側の端の丸囲みのパーツを上側にスライドする形で取外し
DSC08859.JPG
ウェザーストリップをセンターピラーの黒のカバー上側の端ぐらいまで前後両側を剥がし
カバーを内張剥がしで外します。但し取外す訳ではなく、外れるだけです。
この取外しでクリップがセンターピラーに残ってしまう事もあるので、ラジペンやクリッ
プ外し等で取出して外れてしまったカバーに付け直しておきます。
DSC08834.JPG
これで通線出来るくらいの空間が出来たかと思います。後席側からメジャーを差込み
前席にあるハーネスを後席側に引込みます。
DSC08836.JPG
ハーネスを引き込み整線リングに通して、ある程度整線したらセンターピラーカバー
だけを取付を復旧します。

  これで助手席側の通線が完了しました。

・運転席側にハーネスを持っていく
分岐後の運転席側のハーネスを運転席側のドアまで持っていくのが次の関門です。
まずはカーペットをめくり上げて、カーペット内側にハーネスを流しますが、写真に
写っている白い物は発泡スチロールなので、この裏側にハーネスを流しました。
この方法で作業すると、要領書ではクッションテープで固定するように指示されて
いますが、クッションテープが不要となります。発泡スチロールの裏に通しハーネスを
センターコンソールのところまで持っていきます。
DSC08851.JPG
運転席側からメジャーを流し込み助手席側に持っていき、ハーネスを運転席側に持って
来ます。
DSC08850.JPG
ステアリングシャフトの根本にあるカバーを外しますが、樹脂ビスが2個あるので
浮かせながらコイン等(普通のマイナスドライバーだとやりづらい)で取外します。
DSC08853.jpgDSC08856.jpg
これで運転席側のカーペットがめくれるのでカーペット裏にハーネスを通し助手席と
同じ位置までハーネスを流しますが、運転席側も助手席側と同様にカバー類を取外して
作業を行います。アクセルペダルのところだけハーネスが通しにくいです。^^;
あとは、助手席側と同じ要領で、ハーネスを布設していきます。

  これでハーネスの布設が終了しました、次がキッキングプレートの
  取付作業となります。

・どれが、どこのプレート?
大きさで長い方が前、短い方が後ろと判るのですが左右が判りません。間違わないため
各プレートの裏にあるパーツナンバーを確認して下さい。
DSC08839.JPG
以下の番号となっています。
 ・フロント右:G6951-4BA0A
 ・フロント左:G6952-4BA0A
 ・リヤ右  :G6953-4BA0A
 ・リヤ左  :G6954-4BA0A

・フロント側位置出し
要領書にはパーツ一式に位置出し用のゲージが(紙)付いており、そのゲージを元に左右
(内外)の位置出しを行うように指示があります。
t32_gauge.jpg
ゲージを切り出して指示された場所に貼付る事で位置出しするのですが、あまり意味が
無い事が判りましたので、このゲージは使わずに位置出しを行います。
まずは前後の位置出しですが、一番前側の整線リングの端から25mm前側がキッキング
プレート先端位置となりますので、黒のビニールテープでマーキングしました。
DSC08843.JPG
左右(内外)はキッキングプレートがシックリ収まる位置(段差部分にピッタリと来る位置)
を見つけて同様にマーキングしました。で、先のゲージですが、実際の位置とちょっと
ズレるんで、あくまでも目安として使うだけみたいです。

・リヤ側位置出し
同様にリヤも行っていきます。センターピラーカバーの際から50mmの位置が
先端となります。
DSC08867.JPG
左右(内外)の位置出しはフロントと同じやり方です。

・キッキングプレートの貼付
まずはアルコールで貼付面の脱脂を行います、プレートの裏側の両面テープの剥離紙を
剥がしますが、小さなものは全て剥がしますが長手なものは先端だけ剥がして外に出る
ようしておきます。
DSC08865.JPG
位置決めをしたら軽く押さえてズレないようにして、飛びだした剥離紙を抜き取り全体を
圧着して完了です。

・キッキングプレートからの配線処理
キッキングプレートの配線はウェザーストリップを跨いで車内に入り込む訳ですが
こう言う形で配線を処理していきます。まずは入り込む配線にストレスを与えないために
クッションテープを半分にカットしてウェザーストリップに取付る位置に貼ります。
DSC08844.JPG
配線が縦に盛り上がらないように形を整えて写真のような感じで這わせます。
DSC08845.JPG
這わせた配線の上に残りのクッションテープ被せて貼り付けます。あとは内側に配線を
逃がしてコネクタを継ぎます。
他の部分も同様な形で作業を行います。
DSC08846.JPG

・コネクタにクッションテープを巻いて取付作業は完了
この段階でプレートが光ればOKです。もし光らない場合は、ドアスイッチを押してみて
下さい。(光らないと結構焦る^^;)
DSC08866.JPG

  ウェザーストリップ及び外したパネルを復旧して作業完了です。

こんな感じに夜は点灯します。光らなくても良いのですが、やはり夜にドア開けたら
「X-TRAIL」の文字が光っていたらインパクト大きいですよね^^;
DSC08958.JPG

  単に傷防止のために付けたかったのですが、意外にもインパクトがある
  オプションだなと思いました。
  ちなみに今回の作業は、工賃7,776円浮かせられました^^;
  次回はアマチュア無線機の取付を、ご紹介させて頂きます。

では。

nice!(61)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感